1. TOP
  2. 40代の化粧水選びはたるみ、シミ、シワ予防に保湿でハリup!

40代の化粧水選びはたるみ、シミ、シワ予防に保湿でハリup!

昔に比べて今の40代は若くみえる人が多いと思います。

しかし、40代に肌の老化は確実にきています。これは科学的なデータとしても確かなことで、肌の弾力性をつかさどるコラーゲンは40代になると、ピーク時の約半分にまで減少してしまうという報告があることからもわかります。

40代は20代、30代よりも保湿ケアを重点的にやっていき、コラーゲンの減少を食い止めるようにエイジングケアをしていく必要があります。

肌の乾燥はたるみ、しわ、しみの大きな原因になることがわかっています。保湿重視のスキンケアをしてしっかりとたるみ、しわ、しみ対策をしていきましょう。

40代の肌の悩みで1一番多いのは、たるみという結果がでています。

その次に、シミ、しわ、くすみの悩みが多いようです。

コラーゲン減少で肌の老化、たるみ、しわ、しみも気になる、肌の悩みが多すぎてどこからスキンケアしたらいいのか分からない。

保湿ケアはスキンケアの基本で、エイジングケア化粧品と言われているものは保湿重視の基礎化粧品が多いです。

40代の化粧水は「保湿をしっかりしながらコラーゲンの減少を食い止めるスキンケア」をできる化粧水選びをおすすめします。

エイジングケアで保湿&コラーゲン減少を食い止める

コラーゲンの減少は肌の老化につながります。肌の老化を完全に止めるのは無理ですが遅らせることはできます。

その方法はコラーゲンの再合成を促すことです。

コラーゲンの再合成に役立ってくれる代表的な美容成分は

  • ビタミンC誘導体
  • レチノール
  • プラセンタ
  • セラミド

の4つです。

ビタミンC誘導体

ビタミンC誘導体はこのコラーゲンの再合成化に効果があるとされ、さらに美白効果も高いことが知られています。美白化粧水によく配合されている成分です。

レチノール

レチノールもビタミンC誘導体と同じくコラーゲンの再合成化に効果があるとされる成分です。 レチノールはビタミンAの一種で、肌のターンオーバーを促すことでも知られています。食材では、鶏レバーに豊富に含まれています。

プラセンタエキス

ここ4,5年、エイジングケア効果の高い成分として最も注目を集めているのがプラセンタエキスです。 プラセンタは人や馬、豚などの胎盤から抽出された成分ですが、基礎化粧品に配合されているのはこのうち馬や豚が多いです。

プラセンタには非常にたくさんの効能があります。シミやくすみの原因となるメラニンを合成するチロナーゼという酵素の抑制、血行改善、老化の原因の1つと言われる活性酸素の除去などです。基礎化粧品だけでなく、サプリメントとしても注目されています。

また、美容意識が高い人はプラセンタ注射などもしています。

セラミド

最後にあげる成分がセラミドです。 セラミドは水分を保持する力が非常に高く、潤い成分として知られています。 乾きがちな40代の肌には欠かせない潤いを保つために、セラミドは大いに役立ちます。

セラミド配合の基礎化粧品を使うのもいいですし、セラミドの生成を助けてくれる基礎化粧品ブランドをラインで試すのもおすすめです。

40代の化粧水選び

40代のスキンケアは保湿を重視しながらも、あなたが求めている効果のでる成分が配合されている化粧水を選ぶ必要があります。

化粧水だけでは保湿はできないので、次に使う美容液やクリームでしっかりと保湿していきましょう。

また、化粧水の保湿力を上げるにはブースターとしてプレ化粧水や美容オイルを使うと保湿力がアップします。

化粧水のタイプとしては、バシャバシャの水タイプではなくテクスチャーが美容液などに近い、とろみ系の化粧水の方がおすすめです。

とろみ系の化粧水は水タイプの化粧水よりも浸透がゆっくりなので、スキンケアの時間は少し長くなるのがデメリットです。

しかし、バシャバシャ系の水タイプより保湿力に優れている化粧水が多いので、アンチエイジングが気になる40代にはぴったりの化粧水になります。

肌の乾燥はスキンケアだけでなく、食事を変えることでも肌の乾燥を改善できます。

40代は食、スキンケア、運動や睡眠など総合的に見直すことによって若々しい肌を保つことができます。

 

\ SNSでシェアしよう! /

30代の化粧水おすすめ人気ランキングの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

30代の化粧水おすすめ人気ランキングの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア