1. TOP
  2. 30代の化粧水選びはシミ対策と毛穴ケアがおすすめ

30代の化粧水選びはシミ対策と毛穴ケアがおすすめ

30代は20代に比べてお肌の曲がり角を実感している人も多いのではないでしょうか?

20代に比べて30代は肌のターンオーバーのサイクルが長くなり、コラーゲンやヒアルロン酸などの美肌を保つ成分がどんどん少なくなっていく年代です。

美肌を保つ成分が減少することで、肌が乾燥しやすくなり潤いやハリがなくなり、たるみの原因にもなってきます。肌の乾燥がさらに進むと肌のバリア機能が低下して、シミやシワの原因にもなります。

30代も相変わらず忙しい日々を送っている方が多いので、食生活の乱れや運動不足、睡眠不足なども肌の調子に影響します。

忙しい中でもバランスの良い食事、運動、しっかりした睡眠をすることも美肌を保つためには大切になってきます。

30代の悩みで多いのは

  • シミ
  • 毛穴
  • 乾燥

です。

30代のスキンケアはシミ対策がメイン

スキンケアの基本は保湿ですが、30代は保湿ケアと同時にシミ対策をすることが大切です。

なぜ、シミ対策が必要かというと、20代の時に受けた紫外線による潜在ジミがしみとなって顔や体にあらわれるようになってくるからです。

シミ対策には美白化粧水がおすすめ

鏡をみるたびに大きくなっていくように感じるシミ、シミがなかったらもっと若くみえるはずなのにと鏡を見ながら思うかもしれません。

シミ予防、できてしまったシミを対策するには、美白化粧水をつかうのがおすすめです。

ただ、美白化粧品(化粧水)は乾燥するものもあるので、月経後の肌の調子が良い時に使うのが良いでしょう。

美白効果のある成分は

  • アルブチン・・・苔桃(こけもも)から抽出された成分。濃度が高いと肌に刺激。
  • コウジ菌・・・味噌や醤油など麹菌(こうじきん)由来の成分。
  • エラグ酸・・・イチゴから抽出された成分。
  • ルシノール・・・北欧のモミの木からヒントを得てつくられた成分。
  • ビタミンC誘導体・・・肌に吸収されやすい形に変えたビタミンC。抗酸化作用ももつ。
  • プラセンタエキス・・・豚の胎盤から抽出された成分。
  • トラネキサム酸・・・抗炎症剤であったが、美白成分として開発。
  • 甘草エキス・・・甘草という漢方薬から抽出された成分。

などほかにも沢山あります。

特にビタミンc誘導体はおとなニキビやシミの次に悩みの多い、毛穴の開きに効果もあるので美白化粧水を選ぶ時には是非選びたい成分です。

30代の毛穴ケアはたるみ改善と一緒に

毛穴の開きの原因の1つはたるみです。

肌がたるんでくると、毛穴が下方向に引っ張られて毛穴が涙型に開いてきます。

たるみを改善できる美容成分はレチノールです。

たるみや毛穴の開きが気になる場合はレチノール配合の保湿もしっかりできる化粧水をおすすめします。

たるみを解消するためには、基礎化粧品たリフトアップなどのスキンケアだけでなく食事も大切になってきます。

たるみを解消に役立つ栄養素は

  • イソフラボン
  • ビタミンE
  • ビタミンA
  • ビタミンB群

です。

イソフラボン

女性ホルモン(エストロゲン)と似た働きをする、イソフラボンは大豆製品に含まれています。肌の新陳代謝を促進し、肌にハリを出します。髪の毛にも効果があると言われているので、髪の毛のボリューム、ハリが気になる場合も積極的にとりましょう。

ビタミンE

ビタミンEはビタミンの中で、もっとも抗酸化作用が強いです。たるみだけでなく、シミ、しわにも効果があります。ビタミンEが含まれている食材は、アーモンド、卵黄、抹茶などです。こちらもイソフラボンと同様に、髪の毛を強くします。

 ビタミンA

ビタミンAは皮膚や粘膜を丈夫にします。

また、目にも良い栄養素で、鼻やおでこにニキビがよく出来る人はビタミンAの摂取が効果だと言われています。

不足すると毛穴の開きを招き、乾燥肌や口内炎になることも。

鶏レバーはビタミンAの含有量がすごく多く、30~40gほどの少量で1日に必要なビタミンAを摂ることができます。

しかし、食べ過ぎるとすぐにビタミンAの過剰摂取になってしまうので鶏レバーを頻繁に食べる人は1日に食べる量に気をつけましょう。

特に妊娠している方、妊娠している可能性がある方はビタミンAの過剰摂取は胎児に影響を与える場合があるので注意が必要です。

参考:ウィキペディア

野菜から摂るビタミンAはβカロチンとして摂ります。

βカロチンは必要な分だけビタミンAに変わるので過剰摂取の心配はありません。

βカロテンの吸収率は肉類に比べて良くないですが野菜だけでも1日に必要な量のビタミンAは摂れるので過剰摂取のことを考えるとサラダや温野菜、「のり」から多めに摂るのもおすすめです。

ビタミンB群

ビタミンBは単体よりも合わせて摂った方が効果が出やすいのでビタミンB群を摂るようにしましょう。

ビタミンB群は食べた物をエネルギーに変える大切な役割も果たしています。

エネルギーに変えられなかった栄養は脂質として体に蓄積されるのでビタミンB群を摂ることはダイエットにも効果的です。

30代はエイジングケアにも注目

30代はアンチエイジングが気になりだす年代でもあります。

シミや毛穴も気になりますがエイジングケアに注目している人もいるでしょう。

エイジングケアで注目されている成分は

  • プラセンタ
  • コエンザイムQ10
  • アスタキチサンチン

など、抗酸化成分です。

エイジングケアも他のケアと同様に保湿をしっかりしながら上記の成分が入った化粧水や基礎化粧品を使うとよいでしょう。

30代の化粧水選びまとめ

20代よりも肌の悩みが多くなる30代。

しみ、毛穴、たるみエイジングケアと自分の悩みにあった化粧水や基礎化粧品を選んでいきましょう。

30代の肌におすすめの美容成分は、ビタミンC誘導体とプラセンタです。

ビタミンC誘導体とプラセンタの両方が配合されている化粧水や基礎化粧品を見つけたら一度つかってみてください。

美白、エイジングケアも気になりますが、美肌を保つスキンケアの基本は保湿です。

保湿ケアをしっかりとしながらシミ対策に美白、エイジングケアをしていきましょう。

 

\ SNSでシェアしよう! /

30代の化粧水おすすめ人気ランキングの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

30代の化粧水おすすめ人気ランキングの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア