1. TOP
  2. 20代の化粧水選びは保湿がきめて!【乾燥肌・毛穴開きのおすすめ】

20代の化粧水選びは保湿がきめて!【乾燥肌・毛穴開きのおすすめ】

未分類
この記事は約 6 分で読めます。 9 Views

20代のスキンケアで30代、40代の肌がきまる。

肌の老化は早い人は20代後半から急激に起こります。

30代になってからエイジングケアをするよりも20代のうちに、化粧水などの基礎化粧品でしっかりとスキンケアをすることが30代、40代と綺麗な肌を保つことができます。

20代は友達づきあいや仕事などで忙しく、ついついスキンケアがおろそかになってしまっているかもしれません。

そのため、肌トラブルをメイクでごまかすこともあるのかも。

いつまでも、肌トラブルをほうっておくと大変なことになります。

20代の肌の悩みといえば、毛穴の開きやニキビが多いと思います。

じつは、毛穴の開きもニキビも肌の乾燥が大きな原因になっているんです。

毛穴ケアは毛穴の汚れをとるのと一緒に保湿ケアもするのがおすすめです。

ニキビも肌の乾燥からくる「皮脂と水分のバランスのくずれ」でできてしまいます。

ニキビがひどい場合は薬で治すことも必要です。ニキビ治療と同時に肌の保湿をがんばっていくとニキビ予防になります。

20代は肌にまだまだ元気があると勘違いしやすいので、仕事などで多少の無理をしてしまうこともあるかもしれません。

30代になって、シワやシミができないように、毛穴が今以上開かないようにするために化粧水などの基礎化粧品でしっかりとスキンケアをしていきましょう。

特に20代後半からは、

  • 皮脂量
  • 毛穴の開き
  • 紫外線対策

の3つのポイントを意識してスキンケアすることが大切です。

20代の皮脂量と乾燥肌

20代になると皮脂量が急激に減っていきます。

10代の後半からニキビが多くできて悩んでしまった時期もあるかもしれません。20代後半になると鼻とおでこの皮脂量は20%減り、ほっぺなど他の部分も皮脂が減少していきます。

皮脂量が多く出ていて、ニキビで悩んだ時期から今度は、毛穴の開きなど乾燥での悩みが多くなってきます。

女性は、40代になると20代の半分くらいまで皮脂量が減ると言われています。なので、20代からしっかりと保湿ケアをすることが40代になった時に綺麗なお肌を保つ秘訣です。

残念ながら、20代のうちは皮脂が減り始めているのに気づかずにテカリを気にして、あぶらとり紙などでスキンケアをしている人が多いようです。

肌は乾燥するとこれ以上、肌の水分を逃さないように皮脂を多くだします。

皮脂をとればとるほど肌の乾燥が進み、乾燥をストップさせるために皮脂がもっと多くでるという悪循環になります。これが見た目は皮脂が多く見えるのに肌は乾燥している「隠れ乾燥肌」と言われます。

隠れ乾燥肌は化粧崩れ、大人ニキビ、毛穴の開きなど多くの肌トラブルの原因に。

乾燥が化粧崩れを招く

化粧崩れは皮脂の出過ぎが大きな原因だと思われていますが、じつは皮脂よりも乾燥が大きな原因です。さきほどお伝えしたように皮脂はとればとるほど肌が乾燥し、皮脂が過剰になってきます。

肌の乾燥を改善すれば、皮脂の出過ぎもなくなり化粧崩れしにくくなっていきます。

乾燥は大人ニキビの原因にも

肌の乾燥が続くと10代のころとは違うニキビができます。「大人ニキビ」です。

大人ニキビの原因は乾燥の他に食生活なども影響しますが、肌の保湿をしっかりすることでニキビ予防ができます。

20代後半の保湿重視のスキンケアは大人ニキビ、テカリ、化粧崩れを予防することができるので肌の乾燥を改善するスキンケアをするのがおすすめです。

また、ニキビに効く成分は

  • ビタミンC誘導体
  • イオウ
  • サリチル酸
  • グリチルリチン酸ジカリウム
  • 大豆イソフラボン

などがあるので、上記が配合されている化粧水を試してみるのも良いと思います。

毛穴の開き黒ずみも乾燥が原因

20代で毛穴の開きや黒ずみで悩んでいる人が10人中3人もいます。

毛穴が開いてしまう原因は

  1. 腸内環境の乱れ
  2. ホルモンバランスの乱れ
  3. 肌の乾燥、肌荒れ
  4. 乾燥肌による皮脂の過剰分泌
  5. 年齢によるたるみ

の5つが主な原因です。

毛穴を引き締めるためには、腸内環境と整えることと、保湿ケアが大切になってきます。

毛穴の汚れをしっかり落とそうと洗浄力の強い洗顔料を使う人がいますが、これは肌の乾燥の原因になるので逆効果です。

洗浄力の優しい洗顔料でも毛穴の汚れは落ちます。洗顔をしたあとに毛穴を引き締めるために保湿重視の化粧水や美容液などの基礎化粧品をつかいましょう。

肌の保水力が上がると毛穴が引き締まって目立たなくなってきます。たるみも毛穴開きの原因になるので、リフトアップも同時にするとよいでしょう。

また、毛穴をしっかりとケアしち場合は、

  • ビタミンc誘導体
  • ハマメリスエキス
  • オトギリソウエキス

が配合されている化粧水を使うとよいでしょう。ただ、肌の調子が悪い時は刺激を感じることもあるので、保湿用の化粧水も併用するようにしましょう。

20代の美白は紫外線対策が一番

30代、40代のシミは20代に受けた紫外線が原因なっていると知っていましたか?

20代の肌はまだまだ元気なので、紫外線を浴びてもすぐにシミにはなりませんが、潜在シミとなって30代、40代になってから肌の表面にシミとなってあらわれます。

春先から夏にかけては日焼け止めで紫外線対策をしている人も多いですが、それだけは不十分です。

冬も意外と紫外線が多いので、1年かけて紫外線対策をする必要があります。

ノーメイクの日でも日焼け止めだけは塗ったほうがよいでしょう。洗濯物を干す、窓際に座るなどのときでも紫外線を受けています。できるだけ紫外線をさけるか洗濯物を干す時はつばの広い帽子を被るなどして顔に直接、紫外線が当たらないようにするのがおすすめです。

20代の化粧水選びのまとめ

20代は肌が元気なうちに保湿ケアをしっかりとするのが一番です。適切な保湿ケアは大人ニキビ予防にもなりますし、毛穴ケアも同時にできます。化粧水だけはしっかりとした保湿はできないので、保湿重視の基礎化粧品を揃える。ブースターとして、オイルを使うなど、しっかりと保湿ケアをしていきましょう。

紫外線対策は潜在シミを作らないために大切です。1年を通して紫外線対策をするのがおすすめです。

ビタミンc誘導体はニキビや毛穴ケアに有効なので、ビタミンc誘導体の配合されている保湿化粧水を使ってみるのもおすすめです。

また、食生活では糖質の過剰摂取による、栄養バランスの崩れから肌荒れや吹き出物に悩まされることもあります。たんぱく質、ビタミン類を積極的に食べることが美肌を保つために必要です。

\ SNSでシェアしよう! /

30代の化粧水おすすめ人気ランキングの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

30代の化粧水おすすめ人気ランキングの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

kamyu

この人が書いた記事  記事一覧

  • 「マシュファム」のディープモイストローションは美容液のような化粧水です

  • 日本盛pour moi(プモア)化粧水の口コミ

  • エリクシールホワイトニングローションの口コミ

  • アロヴィヴィのハトムギ美容水(化粧水)の口コミと美白効果

関連記事

  • ナチュリエのハトムギ化粧水の口コミ

  • シュウウエムラの化粧水の口コミ

  • 日本盛pour moi(プモア)化粧水の口コミ

  • ロート製薬の極潤ヒアルロン液(ライトタイプ)の口コミ

  • アロヴィヴィのハトムギ美容水(化粧水)の口コミと美白効果

  • ヤクルトのラクトデュウS.E.ローションの効果と口コミ